Environment 活動

製品や事業活動から生じる環境リスクと環境負荷を正しく知り、改善することで、世界中の環境の向上に貢献する。化学物質を厳正に管理して環境に優しい製品の普及に努めます。

環境負荷と取り組み

メルテックスには様々な実験・製造機能をもった事業所があり、各所で化学物質の購入、消費、保管を行っております。
これらの業務は法律の要求遵守を含む当社の規定に従っておこなわれおり、毎年一回の監査によりその適切性を確認しています。
また、消費と管理する化学物質、エネルギー等の物質収支を監視しています。

製造工程

熊谷工場の製造工程は以下のようになっています。

[熊谷工場の代表的な生産フロー]

【イメージ】熊谷工場の代表的な生産フロー

化学物質フローと処理

熊谷工場の原料、製品、エネルギーの収支は以下のようなフローで示され、これらの数量の推移を定期的に監視しています。

[熊谷工場の物質フロー]

【イメージ】熊谷工場の物質フロー

エネルギー消費

当社の全事業所では毎月のエネルギー消費量をモニタリングしています。
特に熊谷工場では使用エネルギーの目標値だけでなく、瞬間の使用量に上限を設けてアラームが作動するシステムを導入して、上限値を超えないように管理しています。

化学物質の消費と管理

原料、製品ともに法律上の特殊の管理を要する物質が購入、保管、使用されています。その全体の流れと物質収支を示します。在庫量、購入量、出荷量を毎年監視しています。

[熊谷工場の環境化学物質の収支]

【イメージ】熊谷工場の環境化学物質の収支

毒劇物と危険物の管理

当社使用原料、在庫、製品には一定の毒劇物、危険物、PRTR法の管理物質が含まれています。これらの数量を厳密に監視し、法律に従って管理しています。

[原料・在庫・製品の毒劇物、危険物比率]

【イメージ】原料・在庫・製品の毒劇物、危険物比率

毒劇物・危険物・PRTR法該当物質の管理.pdf

廃棄物の処理

各工程から排出される液体と気体に含まれるすべての環境負荷物質は廃液として処理されます。(1)液体は廃棄原料・製品、スクラバー・タンク洗浄による廃液として、(2)気体はスクラバ処理されて大気中に放出され、ダクトへの残渣は洗浄によって廃液、(3)固体は原料等の包装材、事務上の廃棄ごみ等の紙・プラスチック類焼却されてその灰は産業廃棄物(特管物)として処分されます。これらの廃棄物はすべて法律の規制値内であるように処理され、毎日分析測定によって確認して廃棄されます。

[産業廃棄物と廃液処理工程の物質収支]

【イメージ】産業廃棄物と廃液処理工程の物質収支

熊谷工場のリサイクル・リユース活動

  • 事務用品ではコピー紙の両面使用を行っています。
  • 原料系、製品容器は基本的にリサイクル対象ではありません。*

遵法

生産・研究活動に関係する法規は常時チェックされ、遵守すべき項目を明確化して全社で共有管理しています。これらの項目の遵法状況を毎年の内部監査で確認します。
熊谷工場の遵法項目.pdf

サプライチェーンと化学物質管理

めっき業界、お客様各業界、各国政府のニーズに応える為、当社のグリーン調達規程に則った調達を行っています。

環境に優しい製品の開発と販売

メルテックスは環境に優しい製品の開発と販売を推進しており、お客様が使用される際に廃液、六価クロム、シアン、鉛、フッ化物、その他の重金属を含まない製品、使用エネルギーや工程からの廃棄物が少なくなる製品を販売しています。

12月~9月実績

環境教育と活動(コアバリュー環境)

コアバリュー環境イレブンでは、毎月の委員会で1)環境関連の新聞雑誌記事の購読と議論、2)環境関連セミナー開催(下表)といった活動、3)各事業所の環境指標の確認等の活動を行って、環境への理解と貢献を深めています。

【イメージ】環境関連セミナー開催

LCA(ライフサイクルアセスメント)

製品の原材料掘削、原料製造、メルテックス製品製造、お客様工程、最終製品製造、市場での使用、そして最終廃棄に至るまで、製品の生涯にわたる環境負荷の評価・算出を推進し、環境配慮型企業を目指しています。

【イメージ】LCA

ページトップへ